白く健康的な肌に|二重整形を受ける為の鉄則|評判バッチリのクリニックは心強い

二重整形を受ける為の鉄則|評判バッチリのクリニックは心強い

白く健康的な肌に

美容整形

不健康な肌細胞を除去

ニキビ跡は、ニキビによる炎症が強く起こった場合ほど、残りやすくなります。なぜなら炎症により肌細胞が多く失われたため、肌は弱っているにもかかわらず、新しい細胞を多く作り出さなければならないからです。すると、本来とは異なる色をした不健康な肌細胞が作られるのですが、これによってニキビ跡が残ることになるのです。この不健康な肌細胞は、美容外科でのレーザー治療で焼いて除去することが可能です。焼くといってもレーザーの熱で軽くあぶる程度で、これにより肌細胞からは水分が失われます。すると周辺組織から剥がれやすくなり、やがては垢のように自然に排除されていくのです。除去後は健康的な肌細胞しか残らないため、肌はくすみのない白い状態になります。この効果の高さから、ニキビ跡のレーザー治療は注目されています。

肉芽組織で膨らんだ場合

ニキビが悪化すると、稀に怪我をしたかのように肌が深くえぐれてしまうことがあります。それほど多くの肌細胞が失われたということですが、この場合は体は、えぐれた部分を埋めるために、肌細胞に加えて肉芽組織も作り出します。肉芽組織は、通常の肌細胞よりも硬く、盛り上がる性質があります。そのためこれが作られると、肌は異なった色合いになるだけでなく膨らみます。そしてこういったニキビ跡もまた、美容外科ではレーザー治療で除去することが可能となっています。具体的には、炭酸ガスレーザーで肉芽組織ごと蒸散させるという方法で、これにより肌の凹凸はなくなりますし、もちろん色合いも美しくなります。このように、ニキビがどれほど悪化しても、残ったニキビ跡は美容外科でしっかりと解消できるのです。